大手・優良企業に強いおすすめの転職エージェントをタップしてみる

テクノプロはやばい?激務?評判・口コミから解説します。

テクノプロと検索すると関連キーワード欄に「やばい」という警戒するようなワードがでてきます。

  • 「テクノプロは激務?」
  • 「テクノプロはパワハラある?」
  • 「テクノプロは学歴がいる?」

このような疑問に答えます。

テクノプロをネット検索してみると関連キーワード欄に『テクノプロ やばい』と表示されます。

実際にテクノプロは、なにがやばいのか就職を考えているなら知っておきたいですよね。

結論からいうと、ヤバい会社ではありません。

テクノプロは、大手企業の一つ。働いている全ての人が良いと思うことなんてあり得ません。

ネット上では、悪い口コミや良い口コミも人それぞれ感じ方が違うのでたくさんの情報がありふれています。

本記事では、テクノプロの評判・口コミを解説していきます。

もし、あなたがテクノプロに転職・就職を考えているなら、この記事を読んでから判断してもらえればと思います。

3分で読める記事となっています。

\ 就活に強い!ランキング堂々の1位!/

\企業から特別選考のオファーが届く/
第1位 キャリアチケットスカウト
キャリアチケットスカウト

おすすめ
第1位 キャリアチケットスカウト

  • 企業からスカウトメールが届く就活アプリ
  • テンプレ機能で自己PRがサクサク作れる
  • 書類選考免除や特別最終選考がある

\10秒で無料インストール/

他の就活生と差をつけるなら絶対使っておきたい就活アプリ2選


第1位


第2位


第3位
おすすめ
対象新卒向け新卒向け新卒、第二新卒向け
企業数非公開導入企業数は約300300社以上
求人の質★★★★★★★★★
サポート★★★★★★★★
料金無料無料無料
特長・アプリ内で自己分析ができる
企業から特別選考のオファーが届く
・就活マッチングイベント
・企業から逆スカウトがある
・最短2週間で内定獲得実績あり
・入社後の定着率は92%以上
公式サイト無料でアプリをダウンロード無料で登録してみる無料で登録してみる
目次

テクノプロの基本情報

写真:テクノプロ公式サイト
会社名株式会社テクノプロ
本社所在地〒106-6135 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー35階
設立1997年6月
資本金1億1百万円
代表取締役社長代表取締役社長 嶋岡 学
代表取締役社長 浅井 功一郎
従業員数18,204名(2021年6月末現在)
事業内容機械、電気、電子、組込制御、情報システム、情報インフラ、プラントエンジニアリング、化学、バイオ、医薬、新素材など各種技術分野における研究開発や商品開発などの技術サービスを提供
会社URLhttps://www.technopro.com/

株式会社テクノプロは、正社員として雇用する1万6千人の技術者・研究者を要する日本で最大の独立系技術人材サービス企業です。テクノプロには社内カンパニーというグループがあり、各技術に特化した専門性の高いカンパニーを車内に有しているので高いサービス水準で技術開発や研究開発を支援出来ています。

設立は1997年6月、資本金は101,000,000円、従業員数は18,204名(2021年6月末時点)であり、業界内においては従業員数40万人規模の企業もありますが正社員雇用数でいうとテクノプロは国内No.1企業です。

あらゆる分野の技術者が社内カンパニー内において専門的なスキルを磨いており、国内や海外に多数の拠点を持つことでどんな顧客の要求にも応えられる柔軟性のある企業となっています。

中途採用を毎月250人単位で行うことを公表しており、2023年6月からは外国籍技術者の採用も毎月120人ずつ行う予定としています。人材派遣業においては従業員数の多さがサービス向上に不可欠なので、テクノプロはさらに発展していくでしょう。

テクノプロがやばいと言われるのはなぜ?

テクノプロがやばいといわれる理由を私なりに2つ考えましたのでご参考ください。

  • 社員の給与格差が大きい
  • 無期限雇用社員の増加で他職への負担が大きくなっている

社員の給与格差が大きい

テクノプロがやばいといわれる理由1つめは社員の給与格差が大きいことです。

まずテクノプロホールディングスの平均給与は約610万円です。資本金10億円以上の企業平均給与とほぼ同じです。

しかし、この数字がテクノプロ全体の給与を表しているかというとそうではありません。

まず、この610万円の算出には177人の従業員の給与が使われています。やけに少ないとは思いませんか。

実はこの177人は技術職ではなくテクノプロホールディングスの管理部門に所属している人たちなのです。

テクノプロは全社合計18,204名の社員を抱えていますので彼らの給与も踏まえないと実際の給与を反映しているとは言えません。

では、技術職を含めた社員の給与はどれくらいなのでしょうか。

口コミサイトを参考にするとおおむね年収400万円前後が多いようです。管理部門との給与格差は200万円程度あります。さらに技術職の給与は勤続年数が長くてもほぼ変わらず、昇給もほぼないことを踏まえると生涯賃金の差はさらに広がると予想されます。

このような給与格差がテクノプロのやばいと言われる理由なのではないでしょうか。

無期限雇用社員の増加で他職への負担が大きくなっている

テクノプロがやばいといわれる理由2つめは無期限雇用社員の増加で他職への負担が大きくなっていることです。

テクノプロは近年採用に力を入れており、従業員数もそれに伴って順調に増えています。テクノプロの技術職員の雇用形態は無期限雇用形態と言います。

この雇用形態は派遣元が雇用を保証してくれます。「登録型派遣」のように、派遣先の就業が終了した途端に収入やキャリアが途絶えてしまうという不安はなくなり、収入面でもキャリア面でも安心して働くことができるようになるといったメリットがあります。

技術社員はこれによって安定した職につけますが、この制度は派遣先が決まらない期間も給与が保証されるので人によっては派遣先を紹介されても断り続ける人がいるようです。

そのため営業職などは本来不必要な断りの連絡を派遣先に伝えたり、新しい派遣先を探したりする手間が発生します。さらに技術職の給与を保証している負担は営業などの給与を減らすなどして捻出しているようです。

この業種間の不満もテクノプロのやばいと言われる理由なのではないでしょうか。

(参考: https://bit.ly/3QGVq7f )
(参考: https://jobtalk.jp/companies/13001/answers/5518213 )
(参考: https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000YqDX4 )

テクノプロの評判・口コミ

テクノプロの気になる口コミを紹介します。

あまり尖った技術を試せる機会自体は少ないと思うなのでダラダラと仕事をしてしまう

どちらかと言うと業務内容は受注先の会社によるものでありあまり尖った技術を試せる機会自体は少ないと思うなのでダラダラと仕事をしてしまう人も少なくないそんな人が目に入るとモチベーションが落ちるが自身が勉強する事を続ければそれなりにいいポジションにつくことができるなのでうまく立ち回ることが重要だと感じた

働きがい:
比較的車内はよくコミュニケーションが取れており風通しの良い社風であったそんな中で OJT を取り組み恵まれた先輩に出会うことができれば集中してスキルアップに望めるそんな社内のコミュニケーションが自身のモチベーションにうまく繋がることができれば達成感を得られるであろう。

給与制度:
年収280万円、月給17万円、賞与70万円
あまり特徴がなく一定の期間を過ぎると自動的に消去するようなシステムだったボーナスはなかなか増えては来ないがないよりはマシだと思う。

評価制度:
チャレンジする精神は認めてもらいいくらでも仕事を与えてもらうことはできるそれが即評価には繋がりはしないが自身のスキルアップには繋がるところがありこういう社風も一つのメリットだと考えることができればその人自身にはかなりの恩恵が得られる会社だと思う。
(男性/ 設計/ 退職済み(2014年)/ 中途入社/ 在籍6~10年/ 正社員)

引用:enライトハウス
営業事務なので営業が帰る頃まで居なきゃならず会社を出るのが22時くらいになることも

入社時の期待と入社後のギャップ:

IT関連の職業なのでIT技術を発揮できる会社に派遣されるかと思っていたら業務を行うように言われ派遣された 毎日お茶だしや事務仕事を行いやりがいはないように感じる 営業事務なので営業が帰る頃まで居なきゃならず会社を出るのが22時くらいになることも。 家から会社の距離は全く考慮されず2時間近くかけながら働いている。 プロパーはフレックスだが私たちは9時出勤のため朝早く夜遅いという劣悪環境の中働いている そのため週末会社の休みの時に研修を受けるしかなく、 その研修も派遣先で役立つことは全くない 派遣先を変えてもらうよう伝えても何か上級ランクの資格を取ってからにして欲しい、 今は派遣先がないと断られる 社会人としてのマナーがない人が多すぎる しっかりした初期研修がないからか、電話応対、名刺交換、報連相ができない オフィスの自分の机でラーメンを食べる人もいる 全体的に全くやりがいを感じない 自分より年下のプロパーの新卒はやる量が少なくても給料は高い 自分も正社員だが派遣先では毎日肩身の狭い思いをする どこかの派遣会社(○ンプスタッフ)等から派遣社員を雇うほうがよっぽど経費削減になり会社も成長できると思う 年に何十人も退職するのはこういった理由からではないか

企業カルチャー・社風:管理社員命です。 技術社員にはあまり情報が上がってきません。 担当営業の仕事がなあなあだと、連絡のある頃には期日が過ぎでいることもあります。

ダイバーシティ・多様性:外国の方は結構いらっしゃいます。 日本人など関係なく働けています。

引用:enライトハウス
最初に年収が提示されるが、その際派遣先は決まっていない

入社時の期待と入社後のギャップ:

特定派遣のため、最初に年収が提示されるが、その際派遣先は決まっていない。派遣先が決まるまで、事業所で待機をしながら、自己学習を行い、毎日所長に報告するという形だった。その後、通勤距離的に厳しい場所での単身赴任なども提案される。近場で仕事がしたかったのだが、毎月給与をいただいているため、納得の行かない会社であっても、断ることが出来なかった。仮に断った場合には個室で営業に詰め寄られ、激しく怒鳴られた。結果的に片道数時間の会社に派遣されることとなり、朝は5時に起き、定時で帰宅しても家に着く頃は21時前。そんな生活が続き、体調を崩して退職することとなった。ある時は面識のない2~3人が同じ車で派遣先に向かい、全員同時に面接を行うようなこともあった。そんな面接の機会が決まるのも、急であった。事業所には同じように派遣先が決まらず、肩身の狭い思いをしながら自己学習に励む人たちが沢山いた。派遣先が決まっても、そちらは自身の持つスキルよりも相当高いものが求められる会社であり、体を壊したり、精神的に辛い思いをして、派遣先をやめる人が多かった。よっぽどスキルに自信がある方以外お勧めしないが、実際は訓練校で学んだだけの方も相当数存在する。
(男性/ CADオペレーター/ 退職済み(2014年)/ 中途入社/ 在籍3~5年/ 派遣社員)

引用:enライトハウス
社内メンバーとのやりとりは希薄

組織体制・企業文化:
競合他社を合併吸収してグループ企業化しているため派遣先ににた名前の別会社からの派遣エンジニアがいたりする。 チームで受託してるような案件であれば自社同僚と顔を合わせる機会も多いが大半は取引先企業に1~5名単位でバラバラの部署には遺贈されることが多いため、社内メンバーとのやりとりは希薄。

年収・給与制度:
基本給+残業。残業代はしっかりと支給される。交通費も満額。昇級ベースは低め。役職手当はあるようだが業務量に見合わないとの噂あり。

働きがい:
配属先による。 営業は技術スキルに詳しくなく、取引先からの要求をそのまま提示されることになるが、取引先も人事部経由での業務案内となることが多く情報不足で判断しにくい。一度配属されるとなかなか配属替えの希望が通らないので、業務内容が合わない・スキルがマッチしないと少しでも感じたら、遠慮なく問い合わせた方がよい。営業経由での問い合わせとなるため客先への質問文自体を自分で作って営業に代理問い合わせして貰うつもりの方が早い。

成長・キャリア開発:
スキルアップ用にeラーニングがあるが初心者向けの内容が多い。MATLABやAWSであれば研修センターで集中的に研修してもらえる。キャリアアップは配属先による。開発業務系は客先が率先して教育してくれるところが多い。運用系、生産系は企業による。
(制御系、在籍15~20年、現職(回答時)、中途入社、女性、テクノプロ)

引用元:openwork
エンジニアの意識が低い

ワーク・ライフ・バランス:
派遣をしているエンジニアのフォローも営業の役目であるため、エンジニアよ派遣先業務が終了する時間(残業があれば当然その後)から打ち合わせや会議等が入ります。そのため自身が契約を拡大すればするほどこれらの負担が増え、多く残業時間が増える傾向にあります。 定時後を前提とした企画会議などもあり、全社的に残業は多い傾向にあります。

退職検討理由:
一般派遣にあるような登録制ではなく、正社員として無期雇用を行ったうえで派遣事業を行っているが、とにかくエンジニアの意識が低い。 自社の社員であるにもかかわらず、自身の希望にそぐわない業務内容であれば1年以上も案件を蹴り続け、働かないエンジニアも珍しくはない。 その間もそのエンジニアにも給与は支給されているため、自身のワガママで働きに出ず、そのエンジニアの給与分がダイレクトにコストとして上乗せされていると思うとやるせない気持ちになってくる。 上位人の圧も強く、過度なプレッシャーを理由に体調を崩すものや、退職を検討するものも珍しくはない。 実際、営業の定着率は非常に低く。同期がいなくなったという新卒営業も多い。 エンジニアへのフォローは手厚いが、それを担う営業にはとことんコストカットを行うため、ココ最近は営業の退職が多発し、営業力が弱くなっている。

引用元:openwork

\ここまで読んでくれた方へ!現役の就活生が使っている無料アプリを紹介します。/

キャリアチケットスカウト

おすすめ
キャリアチケットスカウト
公式:https://media.careerticket.jp/

キャリアチケットスカウトは、「企業からスカウトメールが届く就活アプリ」です。

あなたにぴったりな仕事に出会える就活版マッチングアプリといえるでしょう。

「書類選考免除」や「いきなり最終選考」もあるので内定がほしい全ての就活生におすすめ。

自己分析機能もあって自己PRもサクサク作れます。

評価
求人数非公開
対象新卒向け(学生)
特徴・アプリ内で自己分析ができる
・企業から特別選考のオファーが届く
・企業探しができる

おすすめな人

  • 価値観の合う企業を探している
  • 業界、職種を決めかねている方
  • 自己分析をしていない
  • 手軽に就活がしたい

\10秒で無料インストール/

テクノプロの就職難易度

テクノプロの就職難易度について考察していきます。

結論は、就職難易度は低いと考えられます。

理由は2つあります。

  • 採用実績校の中にD~Fランク大学と呼ばれる大学がある
  • テクノプロが近年、採用人数を増やしている

採用実績校の中にD~Fランク大学と呼ばれる大学がある

テクノプロの就職難易度が低いと考えられる理由の1つ目は、採用実績校の中にD~Fランク大学と呼ばれる大学があるためです。

テクノプロの採用ページを見ても学歴不問と記載があるので基本的に学歴によって採用ハードルが設けられていないようです。

そのため就職は簡単なのではないかと判断しました。

なお、大学偏差値は河合塾入試難易予想ランキング表を参考にしております。

テクノプロが近年、採用人数を増やしている

テクノプロの就職難易度が低いと考えられる理由の2つ目はテクノプロが近年、採用人数を増やしているためです。

テクノプロはコロナショック前には年間3000人程度の中途採用を行える企業でした。

コロナ下では採用の一時凍結を行い技術者数が減少しましたが、2022年6月期の決算資料によれば全採用数は3830人で、前年度から2425人増加しています。

コロナからの立ち直りを目指すテクノプロの意思を感じます。さらに業界内でもIT人材の不足が懸念されていますので採用はスムーズに進むと考えられます。

(参考:テクノプロ公式

テクノプロの平均年収

前項でも紹介しましたがテクノプロホールディングスの管理部門の社員の平均年収は約610万円、多数を占める技術職の平均年収は400万円前後だと考えられます。

また、配属先の労働環境によっても年収は大きく変わってくるようです。基本的にテクノプロでは残業代を申請すれば満額支給してくれるようなので、残業が多い配属先だと年収も増えるようです。

昇給は年に数千円なので基本給のベースアップはあまり期待できないようです。

研修制度が充実しているので自分に合ったスキルを身に着けて資格手当をもらい給与を増やしている方もいるようです。

(参考:enライトハウス
(参考:openwork

テクノプロの離職率

テクノプロの2022年度6月期決算資料によると全退職者数は2112人、離職率は7.7%です。

ちなみに厚生労働省の雇用動向調査結果の概要によると産業別の離職率票の中の人材派遣業の令和2年度の離職率は19.3%です。(表中ではサービス業(他に分類されないもの)と表記されている)

業界に比べるとかなり離職率は低いので社員の定着率は非常に良いのではないでしょうか。

ただし、注意していただきたいのはこの離職率の社員は正社員を対象にしていることです。
契約社員などの全社員の退職者を対象として離職率を計算すると約12%程度になると考えられます。

(参考:テクノプロ公式
(参考:令和2年雇用動向調査結果の概要

テクノプロで採用大学

テクノプロの採用大学を一部ご紹介します。

アーツカレッジヨコハマ、アール情報ビジネス専門学校、愛知学院大学、愛知工科大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、愛知大学、愛知東邦大学、会津大学、青森大学、青山学院大学、秋田県立大学、秋田大学、足利工業大学、足利大学、麻生情報ビジネス専門学校、専門学校穴吹コンピュータカレッジ、石巻専修大学、茨城キリスト教大学、茨城大学、岩手大学、上田情報ビジネス専門学校、宇都宮共和大学、宇都宮ビジネス電子専門学校、S.K.K.情報ビジネス専門学校、エプソン情報科学専門学校、大分大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪商業大学、大阪情報コンピュータ専門学校、大阪大学、大阪電気通信大学、大阪府立大学、太田情報商科専門学校、大妻女子大学、専門学校 岡山情報ビジネス学院、岡山大学、岡山理科大学、沖縄国際大学、鹿児島工業高等専門学校、鹿児島国際大学、神奈川工科大学、神奈川大学、金沢科学技術専門学校、金沢工業大学、関西大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、北九州市立大学、北里大学、九州工業大学、九州産業大学、九州情報大学、九州大学、共栄大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、京都大学など

引用元:リクナビ2023

SランクからFランク大学まで幅広く採用されているようです。

テクノプロの将来性

テクノプロの将来性は、高いです。ITに関わらず施工管理など幅広く人材派遣サービスを展開しているテクノプロの需要はより高まっていくと考えられるからです。

まず業界の展望を考えます。2030年には約45万人のIT人材が不足する(中位シナリオにおいて)という見解もあるようにIT業界全体で人材が不足していくことは明らかです。

現在テクノプロは人材派遣業界内では規模、売上とともに大手に位置していますが離職率などのデータを見ると人材の流出入は非常に激しいことがうかがえます。

今後、社会全体の転職志望の高まりからさらに人材の流出が激しくなると予想されます。テクノプロとしては人材派遣業の根幹である人材確保、そして定着が今後の最優先の課題になるのではないでしょうか。

口コミでは給与の低さや希望の仕事に就けない等の不満が多く見受けられましたので、人材確保のためにも就業環境の改善が急がれるでしょう。

【新卒向け】就活に強いおすすめの就職支援サービスランキングTOP3


第1位


第2位


第3位
おすすめ
対象新卒向け新卒向け新卒、第二新卒向け
企業数非公開導入企業数は約300300社以上
求人の質★★★★★★★★★
サポート★★★★★★★★
料金無料無料無料
特長・アプリ内で自己分析ができる
企業から特別選考のオファーが届く
・就活マッチングイベント
・企業から逆スカウトがある
・最短2週間で内定獲得実績あり
・入社後の定着率は92%以上
公式サイト無料でアプリをダウンロード無料で登録してみる無料で登録してみる

第1位 キャリアチケットスカウト

おすすめ
第1位 キャリアチケットスカウト
公式:https://media.careerticket.jp/

キャリアチケットスカウトは、「企業からスカウトメールが届く就活アプリ」です。

あなたにぴったりな仕事に出会える就活版マッチングアプリといえるでしょう。

「書類選考免除」や「いきなり最終選考」もあるので内定がほしい全ての就活生におすすめ。

自己分析機能もあって自己PRもサクサク作れます。

評価
求人数非公開
対象新卒向け(学生)
特徴・アプリ内で自己分析ができる
・企業から特別選考のオファーが届く
・企業探しができる

おすすめな人

  • 価値観の合う企業を探している
  • 業界、職種を決めかねている方
  • 自己分析をしていない
  • 手軽に就活がしたい

\10秒で無料インストール/

第2位 キミスカ

おすすめ
第2位 キミスカ
公式:https://kimisuka.com/

『キミスカ』は、スカウトメールが届く逆求人型の就活サイト

東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業をからオファーがくることも。

リクナビ・マイナビ新卒の合同説明会に行くなら、キミスカの就活イベントに行くのが正解でしょう。

評価
企業数導入企業数300社
対象新卒向け
特徴・就活マッチングイベント「キミスカLIVE!」
・企業から逆スカウトがある
・業界最高レベルの適性検査ができる

おすすめな人

  • イマイチ就活のやり方が合わない
  • 企業と直接話したい
  • 内定をもらえていない
  • 自己分析のやり方がわからない

\30秒で無料登録!最強の就活イベント/

※22年卒・23年卒向け

第3位 キャリアスタート

キャリアスタート

おすすめ
第3位 キャリアスタート
公式:https://careerstart.co.jp/

私がすべての就活生におすすめしたいのが「新卒専門の就活エージェント」!

完全無料で就活のプロにサポートしてもらえます。 1人で就活するより想像の3倍使える

ブラック企業を徹底排除し、厳選されたホワイトなレア求人を紹介してくれます。

評価
求人数求人数約300社以上
対象新卒、第二新卒
特徴・入社実績2000人以上
・学歴フィルターナシ!
・入社後の定着率は92%以上

おすすめな人

  • 内定をもらえていない
  • 就職が決まらなくて焦っている
  • 自分の学歴で良い会社に就職したい
  • 面接の練習がしたい

\無料30秒で登録!最短2週間で内定/

迷ってしまったらこの2つを登録すれば間違いないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる